Healing Japan, One Face at a Time

75

Makeup is mostly beloved as an art form, but we underestimate the transformative power beauty products can have on our well-being during times of crisis. In the case of 2011's cataclysmic Japanese earthquake and tsunami—the one-year anniversary is already here!—one woman found a way to use makeup to help, heal, and uplift victims of the tragic disaster.

Tokyo-based Beauty and lifestyle planner Nawo-san is an advisor and supporter of the physical and mental psyche, and helps women develop a life of inner and outer beauty year-round. "Makeup reflects a woman's mental state—it's not just for appearance," assures Nawo. And after the tremendous quake, she realized her skills in beauty and psychology could help others in need.

When Nawo first came to her hometown of Miyagi, she saw the faces of those affected by the disaster—dirty from the rubble, and defeated from the devastation. But after a splash of eye shadow and a touch of gloss in Nawo's chair, women held their shoulders straighter, felt more confident, and smiled 10 times brighter. "It was really heartwarming—if women become cheerful, then their families do, and the economy, and the world, and the universe!" she exclaims. From young ladies to elderly women in their 80's—an 82-year old woman cried from happiness!—her makeup artistry has helped a wide span of Japanese women cope with the crisis in a unique way.

In this case, the makeup is the medium for the message: positivity. "The real reason I do this is because I want to make as many people beautiful, cheerful, and happy," says Nawo. "Nature, peace, happiness; we cannot buy these things—they're intangible." Her selfless acts are merely one example of how to use beauty for good. Whether it's a handmade beauty gift or your know-how at the makeup counter, how have you helped others using the power of pigment? Share your stories below!

*Japan still needs your help! For all monetary help, donate through the Red Cross.

翻訳 高橋雄介 / Translated by Dr. Yusuke Takahashi

メイクアップは、アートのひとつのかたちとして愛されるようになっているけれど、私たちはビューティー関連の商品が持つ、"人を変える力"を過小評価しているかもしれない。災害などの危機にあるとき、私たちが人間らしくある為に役立てることができる。

2011年に起こった日本での破壊的な地震と津波のときに(もうすぐ一年が経とうとしているが)、ある女性が見いだした方法によって、痛ましい惨劇の犠牲者を救け、癒し、そして元気づけるためにメイクアップを使うことができるという。

東京を中心にビューティーライフプランナーをしているいわせ直美さんは、フィジカル面と、メンタル面でのアドバイザー兼サポーターで、女性が内面的および外面的に美しく生活するの専門家だ。いわせさんによれば、「メイクアップを見れば、女性の内面がわかります。それは、単に外見の問題ではない」という。そしてあの恐ろしい震災ののちに、彼女は美容と精神面に関しての彼女の経験を活かすことができるということに気付いたという。

震災後初めて故郷の宮城に戻ったいわせさんは、震災にあった人々の、がれきに汚れ、惨状に打ちひしがれた顔を目の当たりにした。

けれど、いわせさんがアイシャドーやリップグロスでメイクアップを施したとたん、女性達は背筋を伸ばし、自信を取り戻し、それまでの10倍素敵な笑顔になったという。「本当に、心が温まる瞬間でした。女性が元気を取り戻したら、家族も元気になるし、経済も良くなりますし、世界中、そして宇宙全体が元気になるのだと思います!」と彼女は力強く語ってくれた。若い女性から80代の女性まで幅広い世代の女性に対して(なんと、82歳の女性が、嬉しさのあまり大声で叫んだというが)、彼女のメイクアップ芸術的とも云える技術は、彼女独自の方法で、危機的な状況に直面する彼らを救けているのだ。ここでは、メイクアップが「前向きであること」の大切さを伝える媒体になっている。

「私が本当に目指しているのは、私のできる限り沢山の人に美しく、元気に、そして幸せになって欲しい、ただそれだけです」といわせさんは続けた。「自然や平和、幸せというものは、お金で買うことができない、形のないものです。」 慈善活動のために美容のノウハウをどのように活かすことができるのかという1つの事例として、彼女の私心のない利他の活動をご紹介しました。今度はあなたの番です。手作りのビューティギフトでも、メーキャップカウンターでのノウハウでも構わないのです。あなたならどのようにメーキャップもつ力を使って、人を幸せにしていますか?あなたのお話も聴かせて下さい!

※日本は、まだあなたの救けを必要としています!金銭的なサポートは、赤十字を通じて寄付をして下さい!